大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

院長ブログ

健康に美しくなるために、こだわりの情報を発信いたします

第7回:「ボディジェット」導入

  • 2008.03.24
  • 院長のブログ

長崎大学形成外科で10年間形成外科を勉強した後、平成元年から白壁美容外科という老舗美容外科で働くことになりました。白壁美容外科は、フェイスリフトと脂肪吸引については日本でのパイオニアでしたから、私も多くの手術を経験し、学会発表や論文執筆もしました。 しかし、3年前にカリスクリニックを開院してからは、入院室を持ちませんので麻酔の関係で脂肪吸引をあまり行っていませんでした。 脂肪吸引の効果を知っていますので、脂肪溶解注射では中々満足な結果を得られません。 カーボメットやスマートリポなども期待された効果が得られないため、使われなくなっています。 今回導入したボディジェットというドイツ製の機械は、局所麻酔剤でほとんど痛み無く、手術が終わればそのまま歩いて帰宅できるという画期的なものです。また、患者さんに喜んでもらえるのは、従来の脂肪吸引と比べて術後の腫れ、硬さ、しびれが少ないことです。 勿論、副作用や後遺症の発生頻度が格段に低くなり、安全・安心な脂肪吸引と言えます。 ジェット水流で脂肪細胞の塊を粉砕してバラバラになった脂肪細胞を無理なく吸引する方法ですから、むら無く皮下脂肪の減量ができます。 ですから、これまでの方法では凸凹になるから脂肪吸引ができないと診断されていた、比較的皮下脂肪層の薄い患者さんの要望にも安心して応えられると思っています。 学会発表や論文を読み、手術を見せてもらい、そして自分で使ってみて、良さを確認したうえで導入を決めました。 40年前にフランスのパリで始まった脂肪吸引ですが、カニューラと呼ばれる器具の改良、ツメセント法という麻酔法の進歩、超音波の利用というふうに進歩・発展してきましたが、ボディジェットの出現でまた新しい時代を迎えたと言えるでしょう。 この素晴らしい道具を効果的に、そして安全に使うために、これまでの脂肪吸引手術の経験を生かして、患者さんの要望に応えられるようにしたいと思います。

(2008年3月24日)