大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

院長ブログ

健康に美しくなるために、こだわりの情報を発信いたします

第19回:お肌を綺麗にしましょう

  • 2010.11.10
  • 院長のブログ

20101110.jpg_R.jpg
これまで手術についてのお話をしてきましたが、今回はカリスクリニックでも患者さんが最も多い肌治療についてのお話をします。
シミ・クスミや毛穴の開き、そしてタルミを治して若々しく、美しくありたいとほとんどの方が思っているはずです。二重まぶたや隆鼻術の手術は戦前(もう65年以上前のことになります)からありましたが、お肌を効果的に治療できるようになったのは比較的最近のことです。レーザーが利用されるようになったのは25年くらい前から、光治療は10年ちょっと前からです。それらと前後してケミカルピーリングやトレチノインなども利用されるようになりました。
カリスクリニックでは、オーロラという光治療を中心にして、目的に応じたオプションを患者さんごとに組み合わせ治療を行い、良い結果を出すことで患者さんに喜ばれています。この治療法の特長は、治療直後から素顔でもお化粧をしても帰宅でき、数日後にはシミやクスミが薄くなったり消えるのが分かります。つまり、ダウンタイムなしに肌の色が綺麗になっていくのです。このオーロラで安全により効果を出すために、インディバ、ピーリング、イオン導入を基本的に組み合わせます。
さらに患者さんのご希望により、脱毛レーザー、ポラリス(RF)による肌の引き締め、イボ・ホクロ取り、頑固なシミのレーザー治療もできます。この治療は、2?3週間間隔で5回くらいが目安になります。ご希望が多いのは、ポラリスで頬の毛穴引き締めやタルミの改善です。
ダウンタイム無しというわけにはいきませんが、なかなか通院が難しいので自宅で綺麗にできないかというご希望には、オバジニューダームという塗り薬の治療があります。トレチノイン他の組み合わせで4?5ヶ月を1クールとする治療ですが、治療開始後1ヶ月くらいは痛んだ表皮が激しく脱落し、赤みが強いのを覚悟していただく必要がありますが肌は大変綺麗になります。
最後に「肝斑」についてお話します。化粧したり化粧を落とすときに、肌を強く擦ることによる炎症とホルモンや紫外線の影響が考えられています。ビタミンC、Eとトランサミンを飲みながら、「泡洗顔」を続けるとほとんどのケースで薄くなり、消えます。擦ることが悪いので、手のひらと顔の間で洗顔料の泡を転がすあるいは押し洗いしてあげるようにして下さい。強いレーザー治療は逆効果で濃くなりますし、他の治療もリスクを伴いますので慌てずに上記の治療を続けましょう。少しでも早く薄くしたいと希望される患者さんには、アクシダーム・スーパー美白でビタミン剤とトランサミンを肌に直接浸潤させる治療を行い効果を上げています。