大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

院長ブログ

健康に美しくなるために、こだわりの情報を発信いたします

ヒアルロン酸

  • 2014.08.09
  • 院長のブログ

14.08.08.01 (640x427)

今年になって、米国アラガン社のジュビダーム・ビスタのウルトラとウルトラプラスが、日本の厚生労働省から医療用注入剤として承認されました。

米国FDAで承認されているのは、このジュビダームとスエーデンのレスチレンです。
カリスクリニックでは、この2社のヒアルロン酸とヨーロッパで最も広く使われているテオシアル社のヒアルロン酸を使用しています。
この3つは、医療用注入剤としてのヒアルロン酸製造販売の三大メーカーと言えます。
注射する部位や目的に応じて最適なヒアルロン酸製剤を使い、また同じような性質のものでも価格に違いもありますので、患者さんに喜んでもらえるラインアップを揃えています。

安全な製品であり、溶解剤で速やかに吸収させることも可能なので、安心して使用できます。
また、細い針を取り揃えていますし、先端の尖ってないカニューラを使うと内出血を防ぎ、塞栓によるリスクも避けることができます。

シワ治療のためのコラーゲンに取って代わったヒアルロン酸ですが、その後涙袋形成・隆鼻術・顎形成や頬から目の周りの窪みを治す目的にも頻繁に利用されるようになりました。
また皮膚の水分保持効果を若返りに利用することで、明るくなめらかな張りのある肌を取り戻すこともできます。
エラへのボトックスで小顔にできますが、BNLSという新しい脂肪溶解剤とヒアルロン酸をうまく併用することで、ダウンタイムのない輪郭形成の範囲が広がります。