大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

院長ブログ

健康に美しくなるために、こだわりの情報を発信いたします

Dr.出口のこだわりコラム『BN リポスカルプティング注射』

  • 2014.08.26
  • 院長のブログ

前回のコラムの最後のほうに名前を出した、BNLS という注射薬のご紹介をしてみす。
この注射の目的と効果は、リンパ循環作用・脂肪分解作用・引き締め作用によって、小顔などの輪郭改善です。
セイヨウトチノキ(浮腫・炎症の抑制、毛細血管の弾力性改善)、ペルシアグルミ(血液循環改善)、ATP(血管拡張、血管新生促進)、チロシン(脂質代謝促進)、ヒバマタ(海藻)抽出物(脂肪分解)、オキナグサ(鎮静、創傷治癒、肌再生)、カラクサケマン(鎮静、創傷治癒、肌再生)という成分になっています。
特徴は、痛みがほとんどなく、腫れがなく・効果が早く現れ・短期間での治療が可能なことです。

以前にも脂肪溶解注射を取り扱いましたが、痛み・腫れの割に効果を認めにくい、といったことで治療をあきらめました。ただ、注射で皮下脂肪を減らしたり、引き締めができるとしたら、それは患者さんにとって望ましいことなので、興味を持ちモニターさんで試してみました。

モニターさんは55歳女性です。注射をした部位は、ホウレイ線の上外側・口角の外側・顎下・首の膨らみとタルミです。2~3日後から改善傾向を認め、1週間間を空けて2回の注射をしましたが、初回治療から2週間経った現在明らかに膨らみが減って引き締まった様を確認できました。
もう少し治療を続ける予定です。
ダウンタイムなしで、痛みもほとんどなく、皮下脂肪減量のみならずタルミの引き締め効果もあるという優れものでした。
これからの治療は、ダウンタイムが少なくてもちゃんと効果の現れるものが受け入れられるでしょうね。

08.26.02