大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

院長ブログ

健康に美しくなるために、こだわりの情報を発信いたします

たばこ

  • 2012.05.16
  • 院長のブログ

40年近く吸っていたタバコを止めておよそ2年経った。
10年くらい前にも1年間ほど止めていたことがあるが、これは娘を連れてアメリカの美容外科学会に参加したのがきっかけで、また何かの拍子に喫煙を再開した。
澤穂希さんではないが、少しめまいがしたりして体調不良がきっかけで、考えてみればタバコを吸ってもさして美味くも無く、惰性だけだと省み、値上げが後押しをして止めることができた。
これまで「ちょっと止めている」と言っていたが、もうそろそろ「止めた」と言っても大丈夫と思えるようになった。

子供の頃は、大人の男はほとんどタバコを吸い、汽車(蒸気やディーゼル機関車)には灰皿が付いていて、車内はタバコの煙が充満しているのが普通であった。
医者になり研修医の頃は公立病院でさえ診察室でタバコを吸いながら診察するという風景を見ることもあったが、その後北九州市の市立病院へ配属されたときの院長が禁煙運動の旗頭で、喫煙者のみならず受動喫煙の害を嫌というほど聞かされた。それでもまだ喫煙者の権利を押しつぶすほどではなく、分煙という考えが広がり始めた時期だった。
1990年頃になると、アメリカの学会へ行くとタバコを吸う場所はなく、ヨーロッパや中南米の喫煙医師たちと数人がつるんで、建物の外へでて喫煙した。
21世紀になると益々喫煙者は追いやられ、嫌煙権とか蛍族という言葉が聞かれるようになった。

タバコを吸っている頃は、少人数が仲間意識をもって固まって喫煙し、世間が迫害しているという被害者意識も少なからずあったが、逆の吸わない立場になると喫煙ほど、はた迷惑なことはない。
歩道を突っ走る自転車に負けず劣らず歩行喫煙がいかに危険か、レストランや居酒屋での受動喫煙の不快さ、やはり嫌煙権の方が正しいと実感している。
そして喫煙の害としては、肺がん、肺気腫があげられるが、肌に対する紫外線の有害性にも劣らぬ酸化作用があり、老化を間違いなく促進する。

西部劇でアメリカ先住民がタバコを燻らし、古今東西の映画の名場面に脇役として登場したが、健康と若返り志向から喫煙人口が減少し、いずれは歴史上一時期の記憶になるのだろうか?