大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分10:00~18:00

二重切開法(その他)

二重切開法(その他)

二重切開法

埋没法の二重が取れた

年代

20代・女性

施術内容

メスで切開し埋没糸を摘出し、二重を作成しました。

施術の副作用(リスク)

腫れと内出血は3週間くらいで軽減しますが、傷跡は残り、半年後には目立たなくなります。微妙な左右差が起こることがあります。

施術費用

250,000円 (税別)

切開式重瞼術

埋没法の二重が緩んだため、二重幅を広く 目頭側から二重幅の見える二重にしたい

施術内容

9mmの重瞼線で切開(皮膚切除なし)。
腱膜はわずかに前転して瞼板に固定し、睫毛側皮下眼輪筋との間を吸収糸により重瞼固定しました。
手術用顕微鏡下の手術

施術の副作用(リスク)

大きな腫れがひくまでに3週間、腫れが無くなるには3ヶ月くらい要します。半年くらいで目立たなくはなるが傷跡が残ります。

施術費用

250,000円 (税別)

切開式重瞼術

他院で2回手術を受けたが、逆まつげが改善せず二重が安定しない

施術内容

7.5mmの重瞼線で切開(皮膚切除なし)。
瞼板上を睫毛近くまで緊張がなくなるまで剥離し、腱膜はわずかに前転して瞼板に固定し、睫毛側皮下眼輪筋との間を吸収糸により重瞼固定しました。
手術用顕微鏡下の手術

施術の副作用(リスク)

大きな腫れがひくまでに3週間、腫れがなくなるには3ヶ月くらい要します。半年くらいで目立たなくはなるが傷跡が残ります。

施術費用

250,000円 (税別)

切開式重瞼術

3年前に受けた埋没法の二重が緩んできたので、同じ幅で平行になるように
左⇒右の順に片側ずつの切開式重瞼術を希望

年代

20代・女性

施術内容

8mmの重瞼線で切開(皮膚切除なし)。
瞼板上を剥離し、腱膜はわずかに前転して瞼板に固定し、睫毛側皮下眼輪筋との間を吸収糸により重瞼固定した。
手術用顕微鏡下の手術

施術の副作用(リスク)

大きな腫れがひくのに3週間、腫れがなくなるには3ヶ月を要す。
半年くらいで目立たなくはなるが傷跡が残る。

施術費用

250,000円 (税別)

手術用顕微鏡下の二重切開法で埋没法の二重を少し広く

目元を綺麗にしたいので切開法を選択

年代

20代・女性

施術内容

  1. 8mmのラインで皮膚切開(皮膚切除なし)
  2. 埋没法の糸を摘出
  3. 瞼板上を剥離
  4. 吸収糸で内部固定
  5. 6日後に皮膚縫合糸を抜糸

施術の副作用(リスク)

  1. 大きな腫れは手術後2~3週間でひくが、全ての腫れがなくなるには3ヶ月かかる
  2. 傷跡は半年くらいで目立たなくなる

施術費用

260,000 (税別・モニター価格)

※なお、2ヵ月後に下の逆まつげ手術をした。

二重切開法

埋没法で二重にしたが、睫毛に皮膚が被さりアイラインが見えない、二重幅は狭くしたいが目頭側でも幅が見える二重、脱脂希望

年代

30代・女性

施術内容

  1. 8mmのラインで皮膚切開
  2. 長めの青色糸を摘出
  3. 瞼板上剥離
  4. 眼窩脂肪切除
  5. 吸収糸で内部固定
  6. 5日後に抜糸

施術の副作用(リスク)

  1. 内出血と腫れ

施術費用

271,260円(消費税込み)

二重切開法・眼瞼挙筋前転術・脱脂

埋没法の二重が緩んだので 埋没法と同じような二重を切開法で

年代

30代・女性

施術内容

  1. 8mmに二重ラインをデザイン
  2. 埋没糸摘出
  3. アイラインの見える目元にするために 睫毛側で瞼板上を剥離
  4. 脱脂
  5. 眼瞼挙筋前転
  6. 内部は吸収糸で固定
  7. 5日後に抜糸

施術の副作用(リスク)

  1. 内出血と目立つ腫れが2~3週間程度残ること場合がある
  2. 傷跡は半年くらいで目立たなくなってくる

施術費用

検査料:9,900円(消費税込み)
手術料:271,260円(消費税込み)

二重切開法・抜糸・脱脂

埋没法後 糸の感染と糸玉ができ その後二重が取れたので埋没法の二重と同じような二重を切開法で希望

年代

20代・女性

施術内容

  1. 8mmから眉毛側で最大2.5mm幅の皮膚切除
  2. 長い青色の糸を2本ずつ摘出
  3. 脱脂
  4. 吸収糸で固定
  5. 6日後に抜糸

施術の副作用(リスク)

  1. 内出血と目立つ腫れが2~3週間程度残ること場合がある
  2. 傷跡は半年くらいで目立たなくなってくる

施術費用

検査料:9,900円(消費税込み)
手術料:271,260円(消費税込み)

何でもご相談ください!
一つ一つに院長がお答えします

WEB相談はこちら

些細なご相談でもお気軽に
ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら