大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

WEB相談室

お悩みごとをお気軽にご相談ください
WEB相談室 WEB相談室

これまでの相談内容から探す

ご相談一覧

1481件中 31〜40件表示

Q. 目頭切開修正

ぱんださんのご相談

目頭切開の修正を考えているのですが、修正するとしたら、やはり元の目を知っている、目頭切開の施術を受けた医院で受けるべきでしょうか。それとも、目頭修正の症例が多い他院に行った方が良いでしょうか。抽象的な質問で申し訳ないです。

ぱんださんへのお返事です

手術をした先生が修正も手がけているのが一番よさそうです。やはり修正をやっている医師がまず優先でしょうね。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 二重埋没手術について

  • はなこさんのご相談
  • 2021/09/06
はなこさんのご相談

はじめまして。二重埋没手術を希望しています。いろいろな病院でいろいろな手術法があり迷っています。
挙筋法と瞼板法、糸の結び目が結膜側か皮膚側か。縫い方も、点で縫う ラインで縫うなどそれぞれのメリットデメリットがあるようですがこちらの病院ではどの方法で実施されておられますか?
埋没法は、数年でゆるくなる事が定説のようですが、この方法で手術してしまうと、糸を外す時に大変難しいという縫い方などがあるのでしょうか?教えて頂きたいです。

はなこさんへのお返事です

埋没法は傷跡を残さずダウンタイムが短いのが長所ですが、緩みやすいのが短所です。糸が緩んだり切れたりすることはなく糸を掛けた組織がだんだん伸びて外れると二重が取れることになり、まぶたの状態によって取れやすさが違います。アイプチなどの化粧で簡単に二重になり、取っても暫く二重の癖が残るような瞼では埋没法でも長持ちします。その短所である緩みやすいことを改善しようと考えて、色々な工夫をして○○クリニックオリジナルと称することがあるようです。挙筋法では瞼板法に比べると、腫れが強くダウンタイムは長くなります。糸の結び目はどちらもありますが、大切なのは結び目を含めた糸全体がまぶたの中に完全に埋没されることで、まぶたの裏に糸が出たり皮膚に糸だまと呼ばれるような膨らみを作らないことです。当院の埋没法は極一般的な手術法で、片側について2本の糸で線留める瞼板法で、結び目は皮膚側になります。長い糸を数箇所で結ぶ方法では、抜糸が難しいでしょう。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目のたるみ

きららさんのご相談

はじまして宜しくお願い致します。年齢は54歳です7月6日に他医院にて糸で留めるたるみとりをして頂きまたが、あまり改善されずにいます、眉下リフトは可能でしょうか?もともと二重です、又ご検討よろしくお願い致します

きららさんへのお返事です

もともとの二重まぶたと糸で留める手術の状況から、眉下切開が適しているのかあるいは二重ラインでのタルミ取りがよいのかを検討します。ご予約の上診察におこし下さい。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目尻切開

○ん○う○う○さんのご相談

目尻切開をしたいのですが
YouTubeなどで見て効果がないことが多いと言っているかたが多くYouTubeをされている福岡のクリニックの先生は後戻りする可能性があるからすごく切っていたのですがここのクリニックもたくさん切ってくれますか?
それとモニター価格などはありますか?
あればおいくらぐらいなのか教えて頂きたいです!お願いします。

○ん○う○う○さんへのお返事です

眼球の入る骨の窪みを眼窩と呼びその皮膚側の縁が眼窩縁で、目尻切開はそれを超えて延ばすことはできません。そして顔の輪郭として扁平な顔面でなく前後に長い骨格では、目の横幅拡大効果が現れにくくなります。また切開した部分は皮膚と粘膜を縫い合わせることになり、骨のような硬いところに縫合固定はできませんのでそれなりの戻りは避けられません。二重切開法以外には、モニター制度を設けていません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 逆まつげを治したい

miさんのご相談

上睫毛、下睫毛の目頭側が逆まつげです。
眼球に刺さってる感覚があり気になる為手術を考えているのですが、腫れはどのぐらいありますか?

miさんへのお返事です

上まぶたは二重全切開、下まぶたは眼瞼内反症切開法になります。下はあまり腫れませんが、上は2~3週間は腫れが強く、2~3ヶ月で腫れはなくなります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 整鼻

  • しょうたさんのご相談
  • 2021/08/02
しょうたさんのご相談

鼻の手術を1度に全てやるのが怖いのですが、あまり鼻を複数回にわたって触るべきではないという意見もよく見かけるため、1度にまとめてした方が良いのでしょうか?

しょうたさんへのお返事です

必要なことからひとつずつ手術を受けるという考えは正しいです。ただ鼻の手術では小鼻以外は、同じ鼻孔内切開から剥離して手術するので、同じ場所を繰り返し手術すること、特にそれが短期間に繰り返されると瘢痕拘縮による鼻孔や鼻尖部の変形を引き起こす可能性があります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 全切開の修正お願いしたい

  • みいさんのご相談
  • 2021/07/27
みいさんのご相談

12年前に腫れぼったい一重瞼を全切開で二重にしました。
術後直後から気になっていたのですがダウンタイムの時間が取れず修正できず今にいたります。
切開したところからまつ毛の生え際にかけて、ぷっくりとしており、またぷっくりの部分の皮膚が余ってる?まつげに被さっており、そのせいか希望していた二重幅より広く眠たそうに見えます。その為アイラインは太く引かないと正面からは全く見えません。
あと、私の皮膚の体質もあるのかもしれませんが、傷や瞼の凹み?と切開ラインの食い込みも気になります。
こちら修正する際には、前回の傷跡とは別に切って傷跡増えてしまうのでしょうか?どのような施術になるのでしょうか?あと、この場合料金はおいくらくらいになるのか教えていただきたいです。よろしくお願いします。

みいさんへのお返事です

ぷっくり、睫毛に皮膚が被さりアイラインが見えない目もと、幅広二重で眠たそう、傷跡の凹み・食い込みなどを修正する希望は少なくありません。傷跡を改善するにはやはり切除が必要になり、傷跡は新しい1本になります。二重幅をかなり狭くする場合は、新たな二重ラインの切開で手術しますので傷跡は2本になります。診察でご希望をお聞きしながら相談させていただきます。治療費は30万円~33万円くらいだと思いますが、診察後に見積もりを説明いたします。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. フェイスリスト

○お○さんのご相談

50代半ばで頬のたるみと口元が垂れてきたのでフェイスリフトを決意し他院を予約しました。耳周りと首後ろの生え際まで切開します。先生には、耳の形が変わるかも、伸びるかもしれない、もみあげは耳側によるかなくなる、と言われました。手術により体がどう反応するのか、してみないとわからないものなのでしょうか?耳、もみあげはリフトアップするには諦めるものなのでしょうか?クリニック選びで変わることもありますか?長くなり申し訳ございません、気になって仕方なく質問させていただきました。

○お○さんへのお返事です

耳の形が伸びて変わる(かもしれない)可能性を言ってるのですが、これは概ね防ぐことができます。しかし、もみ上げは後ろ上方向へ移動しますので程度の違いはあれど起こります。もみ上げの移動を防ぐには、もみ上げ下からコメカミの生え際に切開線を変更します。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 額ボトックスの修正

○○も○さんのご相談

6/30に他院にて初めてボトックスをしました。
額のシワと眉間のシワ、目尻のシワが気になるのでやった方が良いと言われ、変なことにならないかと質問しましたが大丈夫だと言うことで施術しました。
ところが1週間くらいして眉が上がらなくなり二重もほぼなくなり目が半分くらいになって、目つきがものすごく悪くなりました。そして尋常ではないほどの首の凝りで毎日辛くて辛くてしかたありません。
施術してもらった院に相談しましたがあっためて様子をみてくださいとしか言ってもらえず本当に困っています。
何とかしていただけないものかと相談させていただきました。

○○も○さんへのお返事です

額のシワは眉毛が上がることでできますので、ボトックス注射前は重力に逆らうほどの力で眉毛を上げていたわけです。ボトックスは眉毛を上げる前頭筋の収縮を制限しますので、眉毛が施術前のようには上がらなくなります。そのため眉毛が下がり(上がらなくなり)、二重がなくなり目が細くなり目つきも悪くなります。施術前のように眉毛を上げたいのですが、上がらないので頭頂部の帽状腱膜を介した後頭筋から僧帽筋まで緊張して頚や肩の凝りが強く起こっているわけです。このような状態は十分に予測されることなので、少し控えめの施術をして不足分を追加するといった「石橋を叩いて渡る」ような慎重さが求められます。今の状態はおおよそ3ヶ月くらいで元に戻りますので待つしかありません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目頭切開の術式について

めめさんのご相談

目頭切開のZ法とリドレーピング法ではどちらが後戻りしやすいですか。また、尖った形の目頭にするにはどちらが向いていますか。

めめさんへのお返事です

どちらも後戻りは少ないと思います。被う蒙古襞を減らして本来の目頭が見える状態にするのが目頭切開ですから、尖らすとすると蒙古襞を残しつつ蒙古襞の減量を調節する必要があります。患者さんのご希望を詳細に聴取してできるだけご希望にそった形態になるように考えることになります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

先頭へ

最後へ

お急ぎの方は0120-7867-48

直接お電話(フリーダイヤル)でもご相談ください。

何でもご相談ください!
一つ一つに院長がお答えします

WEB相談はこちら