大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

WEB相談室

お悩みごとをお気軽にご相談ください
WEB相談室 WEB相談室

これまでの相談内容から探す

ご相談一覧

1346件中 31〜40件表示

Q. リフトアップ

ゆうさんのご相談

50歳、女性です。
過去に目の下のたるみ取りの手術を受けた事があります。
加齢と共に、法令線や、小鼻横の溝が目立ってきました。
中顔面のリフトアップを考えています。
それと同時に、自家組織を使って涙袋も作って頂く事は可能でしょうか?
現在、ヒアルロン酸で涙袋を使っている状態です。
可能であれば、だいたい幾らくらいで予算を考えておけば良いでしょうか?

ゆうさんへのお返事です

中顔面のリフトは大きな手術まで色々行われてきましたが、フェイスリフト手術での改善に限度がありホウレイ線などへの脂肪注入などを併用せざるを得ないというのが現今の世界的な美容外科のコンセンサスだと思います。自家組織による涙袋形成は真皮脂肪移植が利用されますが、過去に下眼瞼手術を受けた場合は瘢痕の伸展性が悪く良い結果を得られにくいかもしれません。年齢的にしっかりとしたフェイスリフトが必要でしょうから100万円くらい、涙袋の真皮脂肪移植は30万円くらいだと思います。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 全切開した二重幅を狭くして自然にしたい

はるかさんのご相談

二重切開をして2年ほど経つのですが
幅を広くしすぎてしまい眼瞼下垂とハム目?になっています
修正をしたいのですが、またくい込みが深くなるんじゃないか
眼瞼下垂が続いてしまうんでは無いかと不安です
修正するとしたら2種類やらないといけないのかと思って料金がかなり高くなるんではないかと悩んでいます
どうしたらよいでしょうか?

はるかさんへのお返事です

はるかさんの治療は眼瞼下垂の費用のみになります。瞼の開きを大きく正常範囲に回復させ、同時に二重幅を狭くしてハム目も修正します。ご指摘の3点は互いに関係があり、同時に修正します。まず診察を受けてよく相談するのがよいと思います。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 二重全切開のラインを下げたうえで、開眼時幅広に

  • ちさとさんのご相談
  • 2020/05/27
ちさとさんのご相談

他院にて二重全切開の手術をしたのですが、閉眼時の幅が1cmもあり、ラインの下が異様に引き込まれて、ぴたっとするところまで目を開けると二重幅が1mm以下になり、四白顔になってしまいます。ライン自体は高いので、ぼんやりした目をすると食い込みの緩いシワシワの変な幅広二重で、落差がすごく不自然です。閉眼時7mm開眼時2mmくらいの普通のバランスの二重にして目の開きを元の目(埋没法の瞼板法2点留め)と同じぐらいに戻したいのですが、一般的な幅広二重と違い、切開線の下が全体的に手術により処理されている感じなので修正できるかすごく心配です。問題点は何が考えられますか。(組織の取り方や、固定位置などでしょうか。)

ちさとさんへのお返事です

拝見してみないと確かではありませんが、切開の傷跡が高い位置にありながら二重の固定は緩んでいるように感じました。例えば鏡を見ながらのシミュレーションで、7mmで押さえて目を開けて希望の 2mm
幅の二重になるとしたら、貴女の希望通りの二重にできることなります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 笑顔を可愛くしたい

あさみさんのご相談

笑顔がコンプレックスで、頬の筋肉が発達しているせいか笑顔が「笑顔過ぎる」状態になります。
歳のせいもあり、顔の脂肪も減ってきて余計に筋肉が目立ちクシャッとした笑顔になります。
これを緩和するにはどのような施術が効果的でしょうか?ボトックスで緩和できますか?

あさみさんへのお返事です

ボトックスは筋肉の収縮を弱くしますが、多くの筋肉には相互作用や拮抗作用の筋肉があるので、その群のひとつの筋力が弱まると拮抗作用のある筋肉の力が強くなることを予測しながら使用します。笑う時には頬を引き上げる大小頬骨筋群が働きますが、表情を不自然にせず左右を揃えつつ適当な調節をするのは困難です。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 埋没後の抜糸について

  • のんさんのご相談
  • 2020/05/18
のんさんのご相談

他院で埋没手術を受けました。現在、施術から3ヶ月ほど経過していますが、よくみると糸の場所が確認できる状態です。糸の場所が分かっている場合の抜糸は可能ですか?また、その際の料金も教えていただきたいです。

のんさんへのお返事です

手術方法や糸の種類など全て知っている担当医にお願いするのが良いと思います。糸が見つかれば取れるはずですが、ときに複雑な糸の通し方をしていることもあります。原則としてお引き受けしておりませんが、当院埋没法の費用と同額になります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 下まつ毛の逆まつげの治療を考えています

  • 匿名希望さんのご相談
  • 2020/05/18
匿名希望さんのご相談

現在、常に下まつげが眼球に当たる状態で、日常的に痛みを感じて生活に差し障るため、まつげパーマや抜くなどして対処していますが、長く持たないため、下まつ毛の逆まつげの治療を検討しています。手術後に腫れ等の可能性があるのは聞きますが、腫れが引いた後、目の形自体を変えずに治療することは可能でしょうか。歯科の治療などで麻酔が効きにくいといわれることがよくあり、また先端恐怖症気味なのですが、治療は可能でしょうか。よろしくお願いいたします。

匿名希望さんへのお返事です

手術後早期の腫れと内出血があり、半年くらいで目立たなくはなりますが傷跡も残ります。術前の状態と手術内容にもよりますが、術後の方が多少パッチリするくらいで基本的には大きな変化はないでしょう。
麻酔は醒めやすいということはありますが効かないことはありません。先端恐怖症で局所麻酔や手術を受けられないなら、手術はあきらめるしかないかもしれません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. さかまつげ

○藤○々○さんのご相談

さかまつげで下のまつ毛が目に当たってごろごろする。
保険が適用されて直せると聞いたので興味があります。
手術方法や値段など知りたいです

○藤○々○さんへのお返事です

皮膚切開による手術で、費用は健康保険に定められた割合で自己負担になります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 二重全切開の腫れ緩和の為のインディバ について

  • 山田花子さんのご相談
  • 2020/05/18
山田花子さんのご相談

二重全切開後の腫れを緩和させるのにインディバが良いと聞きました。施術直後2.3日は勿論冷やしますが、抜糸後になるとインディバ で温めることで腫れを緩和させることは可能なのでしょうか?
また、可能であれば抜糸直後でも大丈夫なのでしょうか?

山田花子さんへのお返事です

インディバは高周波機器で表面だけでなく深部組織温度を上げることができるので、該当部の血管を拡張させて代謝の促進ができます。手術後の腫れや浮腫みは水分の貯留した状態なので、周辺組織へのインディバ施術で血液やリンパ液の還流を促し腫れが改善します。術後いつからでも可能ですが、早期は縫合創へ及ぶ外力の影響について手術担当医の了解が必要かもしれません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 鼻プロテーゼ 耳介軟骨移植

  • ダイさんのご相談
  • 2020/05/16
ダイさんのご相談

15日前に鼻プロテーゼ、耳介軟骨移植を受けました。
4日前から上咽頭炎にかかり、毎日耳鼻科で処置を受けていますが、改善するどころか、悪化してしております。
4日前からフロモックスを服用してますが、今日からクラビット500に変更になりました。
プロテーゼが感染しないか心配です。手術は右の鼻の穴の中を切開しました。
シリコンプロテーゼが感染したりする可能性は高いですか?
副鼻腔炎にもなりかけています。鼻も痛いですし、喉も痛くて結構辛いです。

ダイさんへのお返事です

耳鼻科の先生が一生懸命治療されているので、頑張って下さい。手術は15日前ということですから、傷からプロテーゼまである程度距離があり、治癒が良好であれば大丈夫ではないでしょうか?

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. プロテーゼ

  • ダイさんのご相談
  • 2020/05/13
ダイさんのご相談

2週間前に鼻のプロテーゼ入れ替え、耳介軟骨移植を鼻柱にしました。(クローズ法)
鼻の通りが最近悪いです。鼻水も出ます。
耳鼻科で今朝診てもらったら、鼻水が結構出るし、上咽頭炎になってると言われました。
上咽頭に塩化亜鉛を塗布してもらったら、出血してました。また鼻水も溜まってるので吸引してくれました。耳鼻科の先生は、フロモックスを5日分処方してくださいました。
これは手術と関係ありますか?もしかしたら副鼻腔炎も併発してるかもしれませんが、この後プロテーゼが感染するとかありますか?プロテーゼが感染しないかがとても心配です。

ダイさんへのお返事です

プロテーゼや軟骨移植の皮膚側の問題と耳鼻科で見てもらった鼻腔内粘膜の問題に関連性があるのかは、美容外科担当医と耳鼻科医の診断を総合的に判断することになりますので、当方にはアドバイスができません。プロテーゼへの感染経路としては、手術で切開した部分が高頻度だろうとは思います。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

先頭へ

最後へ

お急ぎの方は0120-7867-48

直接お電話(フリーダイヤル)でもご相談ください。

何でもご相談ください!
一つ一つに院長がお答えします

WEB相談はこちら