大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

WEB相談室

お悩みごとをお気軽にご相談ください
WEB相談室 WEB相談室

これまでの相談内容から探す

ご相談一覧

【フェイスライン】での記事 57件中 1〜10件表示

Q. フェイスリスト

○お○さんのご相談

50代半ばで頬のたるみと口元が垂れてきたのでフェイスリフトを決意し他院を予約しました。耳周りと首後ろの生え際まで切開します。先生には、耳の形が変わるかも、伸びるかもしれない、もみあげは耳側によるかなくなる、と言われました。手術により体がどう反応するのか、してみないとわからないものなのでしょうか?耳、もみあげはリフトアップするには諦めるものなのでしょうか?クリニック選びで変わることもありますか?長くなり申し訳ございません、気になって仕方なく質問させていただきました。

○お○さんへのお返事です

耳の形が伸びて変わる(かもしれない)可能性を言ってるのですが、これは概ね防ぐことができます。しかし、もみ上げは後ろ上方向へ移動しますので程度の違いはあれど起こります。もみ上げの移動を防ぐには、もみ上げ下からコメカミの生え際に切開線を変更します。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. フェイスリフト 脂肪注入

○田 ○さんのご相談

他院の脂肪吸引でこけて、たるみもでまして、脂肪注入とリフトを考えますが、どちらかを先にやる場合は、どちらを先にやる方が良いでしょうか?

○田 ○さんへのお返事です

拝見して相談しないと順番は分かりません。どちらか片方で問題が解決できないかを考えたり、より現状の改善効果が高い方法を検討します。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 顔の脂肪吸引だけかミニリフトか

ゆうさんのご相談

顔のたるみについて
小学生から高校までスポーツで12年間まともに日焼け止めも塗らず真っ黒だったため20歳で出産してからシミ頬の毛穴たるみと一気に老けてしまいました。ぼやけた輪郭を戻そうとハイフ、脂肪溶解注射などほとんどの施術をやってきましたが効果と続けていくお金に限界を感じています。現在31歳で数件カウンセリングに行きましたが、切開リフトはまだ早いと脂肪吸引と糸リフトを勧められています。
耳の前をぐっと上へ引き上げると理想の輪郭になるのでやっぱり切開リフトがいいなと思っています。
30すぎの人が切開リフトするデメリットってありますか??
よろしくお願いします。

ゆうさんへのお返事です

タルミの改善が目的であれば、フェイスリフトの適応になります。フェイスリフトは切開線をどこからどこまでにするかで、改善部位とその程度が変わります。頭髪内も切開して左右を連続させると最も広い範囲を改善させることができますが日本では一般的ではありません。ミニリフトと言ってもクリニックにより切開の長さは違うと思いますが、カリスクリニックの場合は脂肪吸引で多少とも起こるタルミを予防する程度のものに適応しています。フェイスリフトは人生のうちに何度までできるのか?というテーマがありますが、頭髪内を切開してその前方を剥離して引き上げるのはできれば1回にして、必要なら生え際切開に変えるべきでしょうね。頬上部から目尻あるいは眉尻を上げる必要が無ければ、頭髪内あるいは生え際を切開する必要が無いので複数回のフェイスリフトが可能です。つまり31歳で手術を受けても、これから将来的に再びフェイスリフト手術を受けられます。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. フェイスリフトについて

カナさんのご相談

たるみがあるのでフルフェイスリフトを考えています。
また目のクマとこめかみの凹みも気になっていて、クマ取りと目の下とこめかみに脂肪注入をしたいと思っています。
どちらを先にした方がいいとかありますか?
よろしくお願いします。

カナさんへのお返事です

拝見してみないと確かではありませんが、どちらかと言うとフルフェイスリフトをして落ち着いたところで脂肪注入が一般的でしょう。全体のタルミを改善し、仕上げ的に脂肪注入という考え方でよいと思います。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. フェイスリフトのデザインの仕方

○イ○マさんのご相談

ブルドッグたるみで毎日憂鬱な日々を過ごしています。
美容整形するしか方法はないと思っているのですが、以前、眼瞼下垂手術をした時、横に寝てからデザインされて不揃いな二重が出来上がってしまいました。おそらく、上まぶたのたるみが流れたこと…横になってからデザインしたことが原因だと思っています。
こんなことは2度と起こってほしくないので希望もかねてお聞きします。
フェイスリフトのデザインは椅子に座った…体が起きている状態でしてもらえるのでしょうか?。真横になるとたるみが流れて起きている状態とは違う顔になります。起きている状態でしてほしいのです。

○イ○マさんへのお返事です

瞼でもフェイスリフトでもデザインを引くのは仰向けの状態でしますが、その後起き上がって適切なデザインになっているか見て必要に応じた修正をします。これらを何度か繰り返すのが正しい方法です。立ったり座った状態でデザインできるのは、脂肪吸引などアバウトな輪郭を印す場合だけです。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. フェイスリフト後の脂肪吸引について

ぽむぷりさんのご相談

こちらのクリニックで顔の脂肪吸引を考えています。
過去(1年程前)に切開フェイスリフトの経験があるのですが、脂肪吸引する際に問題はないでしょうか?

ぽむぷりさんへのお返事です

切開フェイスリフトで剥離したり脂肪吸引した領域の脂肪吸引は難しいと思います。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 脂肪取り

Kさんのご相談

3か月前に他院で糸リフトをしました。
その影響なのかマリオネットラインの辺りの膨らみたるみが目立つ結果になってしまいました。
そのジョールファットを取れば改善されますか?脂肪を取るとその部分が空洞になるので同時にリフトをすることによって空洞を癒着させることができると聞いたことがありますが、糸リフトはもうやりたくありません。脂肪を取るだけでも改善はされますか?フェイスバンドをするなど、他に何かいい方法、施術はありますでしょうか?

Kさんへのお返事です

ジョールはマリオネットラインとは別の部位ではありますが、いわゆるフェイスラインにタルミとして現れる変化です。脂肪取りと言っても吸引になると思いますが、やはり同時にリフトと術後の圧迫が不可欠だろうと思います。年齢やタルミの程度を含めて診察してみないとどれくらい改善できるか分かりません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 丸顔の改善方法

みょんさんのご相談

昔から痩せても顔だけが丸く、ぽっちゃりしているように見られるのがコンプレックスです。下膨れ気味の丸顔です。先日、初めて1度だけ脂肪溶解注射を10ccほど頬と下あごに打ちましたが、あまり効果を感じられませんでした。バッカルファットも検討していますが、大掛かりな手術のイメージが強く失敗も怖いので最終手段として検討しています。カベリンなどの別の脂肪溶解注射を試してみたほうがよいでしょうか?

みょんさんへのお返事です

脂肪溶解注射は効果を認めないので止めました。皮下脂肪の減量が有効な場合は脂肪吸引が効果的です。あるいは輪郭形成となると骨切り手術とかプロテーゼを利用する手術になります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. バッカルファット

まひまひさんのご相談

今まで、ハイフとダーマペンは施術経験あります。
最近施術院で小顔効果にバッカルファイトの紹介を受けましたが、貴院が値段も安く検討しています。
40代前半で、体型は歳相当ですが、顔は小さい頃から丸顔でむくみやすいのもあり、ポッチャリ型です。
脂肪吸引の方が効果あるのかもしれないですが金額的にはバッカルだけを考えております。
2つの施術の違いとバッカルだけの場合でも効果があるのでしょうか。

まひまひさんへのお返事です

唾液でも鼻孔内と同等の新型ウィルスを検出できるということから、ある程度の見通しがたるであろう来年くらいまでは口の中の手術は見合わせることにしています。バッカルファット切除では、頬が扱けるという副作用のわりには口角外側の膨らみが減るくらいの効果しかありません。実際に診察をすると、フェイスラインの改善を希望される方が多く、これに対しては脂肪吸引あるいはリフト併用が必要で効果的です。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. ミニリフト

OIMAN YEUNGさんのご相談

はじめまして。当方26で、切開のミニリフトを検討しております。顎下の脂肪吸引と一緒にやりたいです。ミニリフトのメニューでは、脂肪吸引も含まれてるのでしょうか。
また、モニターは募集しているのでしょうか。できるだけ費用を抑えたいので…
関東住みなので、すぐカウンセリングに行くことが難しいですのでメールで問い合わせさせていただきました。よろしくお願いいたします。

OIMAN YEUNGさんへのお返事です

カリスクリニックのミニリフトは、耳前の切開から皮下剥離・フェイスラインの脂肪吸引・スマス吊り上げ・タルミ切除を行いますが、改善はフェイスラインに限定されます。また頬やアゴ下の状態によってはあまり改善感を得られない可能性もあり、まずは診察でミニリフトの適応があるかどうかの判断が重要です。モニター募集はありません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

最後へ

お急ぎの方は0120-7867-48

直接お電話(フリーダイヤル)でもご相談ください。

何でもご相談ください!
一つ一つに院長がお答えします

WEB相談はこちら