大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分10:00~18:00

WEB相談室

お悩みごとをお気軽にご相談ください
WEB相談室 WEB相談室

これまでの相談内容から探す

ご相談一覧

【眼瞼下垂】での記事 77件中 1〜10件表示

Q. 二重切開について

〇上〇〇さんのご相談

お忙しい中すみません。今回、二重の施術についてご教授いただきたく連絡させていただきました。 令和2年6月に湘南美容外科クリニックにてクイックコスメティークダブル(挙筋法による埋没法)をしました。
目を開けているときの状態には満足しているのですが、食い込みの強さや皮膚の弛みが原因で半目状態や眠たい時などの不自然な目元に不満を感じています。また疲労が蓄積した際に左目は正常なのですが、右目が無理やり引っ張られている感覚がありそれも不満です。 色々、調べていくなかで二重切開の施術をしようかと検討中です。そこで先生にご質問なのですが1、クイックコスメティークダブル(埋没法)をしていても施術は可能なのでしょうか?挙筋法による埋没法から二重切開された経験はありますか?また埋没法が悪さをして切開法が上手くいかない可能性はあるのでしょうか?特にナチュラルな二重が希望なので傷跡などの外傷がとても気になります。 2、実際に見てもらわないとわからないと思いますが、右目の眼瞼下垂?は手術前の現状(埋没をしてる状態)から眼瞼下垂にアプローチする手術をする必要があるのかを判断することは可能なのでしょうか? 3.カウンセリングについてですが、手術を当日にせずにカウンセリングまた見積りだけをお願いすることは可能なのでしょうか? 多く質問してしまい申し訳ありません。
先生は手術のレベルが違うと風邪の噂でお聞きしたので深いところまで聞かせていただけたらと思います。よろしくお願いします。

〇上〇〇さんへのお返事です

1.複雑な埋没法では埋没糸を除去するのに多少面倒がありますが、切開法手術でのアプローチなら原則除去できます。挙筋法埋没後でも瞼板法埋没後も普通にあります。可能性といえば限りなく零に近いけれど無いとは言えないかもしれません。
2.もちろん可能です。病的な眼瞼下垂ではないけれど右目?はやや挙筋機能が弱いのかもしれませんね。
3.当日手術ということの方が非常に稀な例外で、初診では診察後に見積もり説明し手術をするかどうかを十分にご検討いただきます。血液検査後手術日を予約いただきます。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂と瞼のたるみ

げじ子さんのご相談

眼瞼下垂で保険適応の手術を考えております 50代で瞼の皮のたるみもあるのですが
保険では皮あまりはとっていただけないでしょうか? 仕上がりを今と雰囲気を変えない自然な感じにしたい場合は
自費治療を選択するべきでしょうか?

げじ子さんへのお返事です

まぶたの開きが悪いという機能障害に対して保険での眼瞼下垂手術が行われますが、見た目の綺麗さや自然さは治療の中に含まれません。本当に保険適応であるような開きが悪い状態を手術すると、少なくとも手術前と変わらない結果というのは無理でしょうね。開きの程度と二重幅や形まで術前に十分な相談が必要です。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 二重修正後の眼瞼下垂

〇村〇〇さんのご相談

食い込みや凹みをなくす修正をしたのが原因でぷっくりや弱くなった二重を眼瞼下垂で改善することはできますか? 出口先生、お久しぶりです。 以前、二重切開後の凹みをなくす修正手術を出口先生にしてもらい、無事大成功でした。本当に感謝しています。僕の恩人です。 その後右目だけ癒着が弱いということで、目頭側半分の切開で出口先生に修正してもらいました。 しかしながら、1年経って結果は変わりませんでした。これは手術失敗ではなく、僕の瞼は分厚いのと、目を閉じたときに食い込みを作らない二重を狙ったたのが原因と解釈しています。癒着を強めたはずの右目も含めた両目とも二重が弱くなっています。ぷっくりしているような感じです。また、目の開きが良くないです。出口先生に修正してもらった右目ですらまたこのような状況なので、また二重修正をしても変わらない可能性があるので、今度は眼瞼下垂をしたいと考えています。
また、別のクリニックでも軽度の眼瞼下垂と診断されました。
眼瞼下垂は適応だと思いますか?

〇村〇〇さんへのお返事です

写真を見直したところ、瞼は今より開いてもよいので眼瞼下垂手術はできます。ただ黒目がもっと見える目を貴方が希望するならばというのが前提です。食い込みが浅い二重というのは緩んだ埋没法の状態が例にあがるように固定力の程度によるため、ある意味二重が緩く見えるかもしれません。相反することを希望しているとも言えるので、そこにおのずと限界があります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 全切開の左右差、狭く修正したい

まりさんのご相談

突然のご連絡失礼いたします。先日4/19に二重全切開手術を受けた者です。 術後10日経ちましたが、片目の目頭側がぷっくりしてハム目気味なのが非常に不快です。目頭側にしっかりした切開線が無く「へ」の字形で、片目のみ幅広なのがアンバランスでおかしいです。執刀医は「3ヶ月で完成形、腫れは時間が経てば引いていく」と言ってましたが、明らかに左右差が目立つ失敗だと思います。また、執刀医に眼瞼下垂ではないと言われたのを信じて、全切開のみで手術したのにずっと眠そうな半目のままです。(左右の不要な脂肪は切除してもらいました) このままこの目で生きていく事を考えると、不安でたまりません。再手術するとしたら、どういった術式が適応になりますか。また全切開術後に、瞼の裏から行う眼瞼下垂の手術は可能でしょうか。恐れ入りますがご連絡お待ちしております。

まりさんへのお返事です

他のクリニックでの手術後についての相談ですね?時期的にはもちろんまだ腫れていますが、重瞼線がないのはそのままでしょうね。腫れが引くにつれて瞼の開きは回復します。腫れが引いても開き、二重の幅や形に問題が残れば修正手術の対象になります。私は二重切開と同時に、必要なら開きをよくする眼瞼挙筋前転術を行います。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂の吸収糸について

メロンさんのご相談

全切開と、眼瞼下垂手術を先生にしていただき、数ヶ月経ちます。傷もキレイな二重にしていただきありがとうございます。
が、気になることがあるので質問させて下さい。瞼板と挙筋腱膜?をつなげる時に吸収される糸を使用しているとの事でしたが糸が溶けても現在の二重が緩んで来ないのかと少し心配です。大丈夫なのでしょうか?
先生の長年のご経験からそのような事はないのでしょうか?溶けない糸を使用する病院もあるみたいなのですが、素人にはどちらがいいのかわかりません。将来二重が緩んだり取れたりするのは不安なので、質問させていただきました

メロンさんへのお返事です

吸収される糸を使う場合は、吸収されるまでに組織間の癒着がしっかり完成することが前提になります。挙筋腱膜前転術の場合は、瞼板前組織を剥離して瞼板そのものに腱膜を直接縫合固定する必要があります。二重の固定についても同様で、まつ毛側皮下眼輪筋が瞼板そのものや腱膜にちゃんと縫合固定される必要があります。上瞼を引き上げる眼険挙筋の力を確実に伝える縫合であれば吸収糸が溶けても十分に継続的な癒着が確保できます。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 全切開癒着剥離

さえさんのご相談

全切開の幅狭修正などで癒着剥離などを行うと思うのですが、それによるリスク、機能障害などはありませんか?また、カリスクリニックでは、幅狭修正できょうきんぜんてんを行うこともあると口コミで見かけたのですが幅狭修正であってもそれをしないことも多いですか?また、する必要があれば事前にきょうきんぜんてんするとの説明がありますか?手術中にしかわからないものなのでしょうか?

さえさんへのお返事です

幅広二重の癒着を剥離しても機能障害はありませんが、見た目の問題として再癒着による三重になるのが最大の問題になりますので、この三重を回避することが重要です。幅広二重の場合には高い重瞼位置での癒着が瞼の開きを悪くしていたり、瞼の開きそのものが不十分なことがあります。瞼の開きが良くなることも二重幅を狭くする効果がありますから、術前にその必要があるのかを判断しますが手術中にその判断をすることもあります。挙筋前転をするしないにかかわらず、腱膜の瞼板固定は行います。修正にしろ初めての切開にしろ、常に瞼の開きと二重の固定を適切にすることがとても重要です。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 全切開のリスク

なきさんのご相談

全切開には、埋没での挙筋法や瞼板法のような眼瞼下垂のリスク、糸のごろつきのリスクはありませんか?これらは、埋没の糸によって起こるリスクですか?

なきさんへのお返事です

全切開と言っても色々な方法があります。私が行っている全切開について、ご説明いたします。二重手術では瞼を開く力と二重の固定力が両輪となります。そのため瞼板上組織を瞼板から剥離し、まつ毛側皮下眼輪筋を瞼板に固定します。また腱膜は瞼板から外れますので、必要に応じて前転したり前転せずに瞼板に固定します。これらの内部の固定には吸収糸を使います。適切に操作されると、眼瞼下垂は起こりません。瞼の裏側には糸は露出しませんんので、ごろつきや痛みはありません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂全切開の幅を狭くしたい

ゆうさんのご相談

全切開眼瞼下垂の幅を10ミリにしてしまいかなり幅広になり後悔で辛いです。
術後2ヶ月ですがカウンセリングでみて頂くことは可能でしょうか。

ゆうさんへのお返事です

手術後3ヶ月くらいは徐々に腫れが引いて、瞼の開きが良くなり二重幅は狭くなります。勿論今の時点でも診察させて頂きます。修正するかどうか、いつごろが適当か、手術の方法などを相談させて頂きますので、ご予約のうえでご来院下さい。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂の再手術

○本さんのご相談

他院で保険適応の眼瞼下垂の手術をしましたがまだ開きが良くなく日増しに元に戻ってる感じです。
こちらでは保険適応の再手術は出来ますか?

○本さんへのお返事です

保険治療は機能回復を目的としますので、開きが不十分なのを改善するための手術はできます。ただ前の担当医が手術した結果でもあり、どれくらい改善できるかは分かりません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂の自由診療と保険適用に違いについて

○○○紀さんのご相談

カリスクリニックの眼瞼下垂の手術では、自由診療だけでなく保険適用もあるとのことですが、手術後の見た目に違いは現れますでしょうか。

○○○紀さんへのお返事です

基本的には同じのはずですが、保険診療は明らかに病的な眼瞼下垂であることが前提になり、使用する縫合糸は自費診療では 8-0 ですが保険では太め(と言っても 7-0 という一般的に美容診療で使われるものです)になります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

最後へ

お急ぎの方は0120-7867-48

直接お電話(フリーダイヤル)でもご相談ください。

何でもご相談ください!
一つ一つに院長がお答えします

WEB相談はこちら