大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

WEB相談室

お悩みごとをお気軽にご相談ください
WEB相談室 WEB相談室

これまでの相談内容から探す

ご相談一覧

【眼瞼下垂】での記事 65件中 41〜50件表示

Q. 眼瞼下垂

ぶいさんのご相談

 1月8日にこちらで相談させていただきましたが、その直後にパソコンの調子が悪くなり、そちらにメールが届いていない可能性があるためもう一度送らせていただきます。

 現在、眼瞼下垂手術を検討中で病院を探しています。
瞼という顔の印象に非常に影響を与える場所の手術のため、眼瞼下垂手術を多くおこなってらっしゃる先生にお願いできればと思います。
出口先生のところでは色々な手術をおこなってらっしゃると思いますが、眼瞼下垂手術の患者さんは全体の何割くらいでしょうか。また、眼瞼下垂手術は年間何件くらいですか。

 万が一このメールと入れ違いにお返事いただいでいたら申し訳ありません。

ぶいさんへのお返事です

前回の回答と重複するものもありますが、ご容赦下さい。
眼瞼下垂を希望されて手術を受ける患者さんは、全体の1%に満たないと思います。
手術件数での割合でも5%未満だと思います。
年間30~40件だと思います。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂

ぶいさんのご相談

数年前に病院で眼瞼下垂を指摘されましたが、その当時は手術を受ける決心がつきませんでした。そろそろ手術をと考えて病院を探しています。
先生の病院では年間に何件位の眼瞼下垂手術がありますか。また、眼瞼下垂手術を受けられた方の何パーセント位が修正手術を受けられますか。
もし差支えなければ教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

ぶいさんへのお返事です

ホームページ更新で PC トラブルとなり、回答が大変遅れたことをお詫びします。
私は眼瞼下垂治療の専門家でもなく、症例数はけっして多くありません。
眼瞼下垂の手術は1年間で30~40症例です。
しかし二重切開法は多く手術しており、特に他院での術後修正では眼瞼挙筋腱膜を操作することは少なくありません。
また眼瞼下垂とは診断しませんが術前の瞼の開き程度が少し弱く、患者さんが希望する場合には
二重切開法のときに腱膜前転術を行うこともあります。
瞼の開き具合と二重幅についての修正は、おそらく10%くらいではないでしょうか?

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂+皮膚除去+脱脂

さんのご相談

10月22日に他院で眼瞼下垂+皮膚除去+脱脂を行ったのですが左右差が気になります。

まず右目です。ちゃんと開いていますが、目頭・目尻の幅が広いのか少しまつげに皮膚が乗っていて目の形が三角っぽいです。

そして、黒目の上だけ釣り上がっている感じです。

しかし、まだ右目はいいのですが、左目が全然開いておらず、全体的に二重線とまつげのあいだがぷっくりしておりそのぷっくり なった皮膚によって目が開かないのかなと思います。

眼瞼下垂の修正をしてまた変になるのは嫌なので、せめて左のかぶさっている皮膚はどうにかしたいと思います。

まだ二ヶ月しかたっていないので今後左右差がなくなることはあるのでしょうか?
それとも再手術が必要となるでしょうか?
その場合いつになれば可能でしょうか。
よろしくお願いします。

さんへのお返事です

カリスクリニックのホーム・ページ更新のために、お返事が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
拝見した上での判断にはなりますが、手術後2ヶ月前後は概ね腫れが引きまぶたの開きや二重幅も概略出来上がり状態で、その後は傷跡の硬さが取れてくることで自然さができることになります。
明らかな左右差があれば、修正手術が必要になるかもしれません。
待てるなら、原則3ヶ月を過ぎてから修正手術ができます。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂

(まい)さんのご相談

眼瞼下垂の手術についてなのですが保険適用でする場合全切開の手術になるんでしょうか??  

(まい)さんへのお返事です

長さにすると2cmくらいは切開します。タルミを切除する場合の縫合線は、もう少し長くなります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂の切開について

(あき)さんのご相談

はじめまして。他院で3ヶ月半前に眼瞼下垂の切開手術を受けました。その前は埋没法をしていたのですが、何回か取れてしまったので切開しました。幅も変えずということで、多分糸を取らず手術をしたと思うんですが、二重の線が2本になって線が少し汚いです。上の線が切開線です。 腫れがひいてきて、目尻は切開した傷がラインからはみ出て傷が見えます。枝分かれになってます。食い込みもあります。まだ、傷は少し赤いです。半年経てば傷は目立たなくなるのでしょか?まだ癒着してないのですか?

(あき)さんへのお返事です

3ヵ月半よりは半年後のほうが目立ちにくくなると思います。縫合の関係もありますが、癒着するように手術してあればもう大丈夫でしょうね。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂手術後の修正

(あいり)さんのご相談

ご丁寧に手術方法を教えていただきありがとうございますm(_ _)m 重ねての質問になってしまうのですが、二重下の皮膚を切除することによって、今皮膚が被さっている状態よりも目の開きが見かけ上良くなると考えていいのでしょうか? また、手術前にシミュレーションなどをすることは可能ですか?

(あいり)さんへのお返事です

その通りです。睫毛に垂れ下がるように被さっている皮膚がなくなる分、目元がはっきりして目が大きくなり、アイラインも映えることになります。シミュレーションは、貴女自身で満足な二重を作っているのと同じようにできます。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂手術後の修正

(あいり)さんのご相談

こんばんは。他院で眼瞼下垂手術を行ったところ、左右差はほぼないのですが幅が広く、目を開く力自体は強くなっているのにまつげの根元が隠れてしまっている状態です。 ためしに自分で現在の二重のすぐ下をピンなどで抑えてみると私が理想としている二重が綺麗に現れ、出来ればこの状態を手術で再現していただきたいのですが、そういったことは可能でしょうか…?幅を狭くした上で黒目が9割見える状態にしたいと思っています。

(あいり)さんへのお返事です

眼瞼挙筋機能は改善したのに、睫毛に皮膚が被さった状態が残ったということですね。眼瞼下垂とは別の問題としてよく見られる問題で、女性なら「アイラインを幅広く描かないと見えない」状態と言えばよく分かるでしょう。この場合の修正手術は、傷跡から睫毛側を剥離したうえで吸収糸(溶ける糸)を使って瞼板に縫合固定してあげます。当然皮膚があまりますので、その分を切除します。睫毛の根元が見えて、アイラインの描きやすい二重まぶたになります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂の修正

(なな)さんのご相談

眼瞼下垂後のつっぱりや違和感、上目遣いすると二重が引き込まれたかんじがして痛いといった機能障害を治したいです。見た目にはそんな違和感がありません。その機能障害の修正はしていただくことはできますか?現時点で予測できる理由と改善方法が知りたいです。

(なな)さんへのお返事です

まぶたの開きは良くなったが、突っ張り感・違和感・痛みなどの自覚症状を解消できないか?というご質問と承りました。それらの問題点を客観的に評価できないこともさることながら、何らかの外科的処置を加えるならば、当然まぶたの開きに変化を伴うはずです。もともとまぶたの開きに問題がなかったのに、手術をしたことで現れた症状であれば、元の状態に戻すことで改善するのではないか?という治療方針は出せるかもしれませんが、いずれにしても難しい問題であることには間違いないでしょうね。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眼瞼下垂手術

(たんたん)さんのご相談

切開する眼瞼下垂手術(美容外科にて)しましたが二重幅が広いです。自狭くしたいのですが切開の場合は修正できませんか?出来る場合、再度皮膚を切り取らないとだめですか?

(たんたん)さんへのお返事です

色々な状況がありますので、拝見する必要があります。ただ易しくはないと想像します。当然切開しての修正手術にはなるでしょう。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 二重全切開法&眼瞼下垂

(こっちゃん)さんのご相談

眼瞼下垂の解答ありがとうございます。他院で眼瞼下垂の手術をしたことを伝え二重全切開法のカウンセリングを受けたところ、目の開きは充分にありますと言われたのですが、もし二重全切開法だけをして、結果眼瞼下垂になったとしたら、後日眼瞼下垂の手術は可能でしょうか?料金はどのようになりますか?二重全切開法と眼瞼下垂の手術を同時にした時の料金が知りたいです。あと片目だけの料金もできれば教えてほしいです。

(こっちゃん)さんへのお返事です

眼瞼下垂の手術前後で瞼の開きは大きくなりましたか?手術前の写真を見せていただけると、その手術が有効だったかどうかが分かります。二重全切開法のときにも瞼の開き具合は確認しますし、もし万が一眼瞼下垂が起これば修復手術をします。この場合の修正手術は、1~2万円の実費でしょう。二重切開と眼瞼下垂を同時にする場合は、¥411,480 になります。片目だけの場合は、¥264,600 です。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

先頭へ

最後へ

お急ぎの方は0120-7867-48

直接お電話(フリーダイヤル)でもご相談ください。

何でもご相談ください!
一つ一つに院長がお答えします

WEB相談はこちら