大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

WEB相談室

お悩みごとをお気軽にご相談ください
WEB相談室 WEB相談室

これまでの相談内容から探す

ご相談一覧

【目頭切開】での記事 57件中 21〜30件表示

Q. 二重全切開、目頭切開、皮膚切除、脂肪除去

(s)さんのご相談

ご相談させてください。 タイトルの施術を行ってから二週間ほどが経過し、大体の腫れや内出血は治り傷口はまだ赤みを帯びている状態です。二重のラインは一重から幅広平行型を希望しました。ですが片目が末広型になっており目頭切開が不足だったのでは?と気になっています。二重下が腫れている、腫れていない以前でライン自体が曲がっており末広型で早く修正をしたいのですがやはり3ヶ月程は待たないといけないのでしょうか。修正では目頭側の二重幅を広げ左右対称の幅広平行型にしたいです。ご返答宜しくお願い致します。

(s)さんへのお返事です

今は手術が難しいと思います。3ヶ月はお待ち下さい。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目頭切開の修正について

(ぽんこ)さんのご相談

目頭切開の手術をしたのですが、切られ過ぎてとても大きな目になってしまいました。形に左右差もあります。 カリスクリニックでは蒙古ひだ形成の手術は行っていますか? 行っていた場合、左右差を目立たなくすることは可能ですか? 料金はいくらですか? 逆zという手法ですか? 先生は過去に、蒙古ひだ形成の手術は沢山行われていますか? 宜しくお願いします。

(ぽんこ)さんへのお返事です

逆Zと古川法はしたことがありますが、数は多くありません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目頭切開修正

(みな)さんのご相談

目頭切開をしてきりすぎたと感じ蒙古襞形成を考えているのですがかなりつり目なためこれ以上目頭が下にひっぱられつり目になるのが嫌なのですが、逆zでもvy法でも目頭があがりつり目のようにみえない修正をするのは不可能なのでしょうか?

(みな)さんへのお返事です

目頭が下に引っ張られるのは、逆Zでしょうか?他の方法ではその様なことはなさそうですが、蒙古襞形成ではあまり細かな細工は無理があるように思います。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目頭切開の修正

(hiro)さんのご相談

一・他院で目頭切開をして10日たちましたが、目と目の間隔が30mmになり寄り目になってしまいました。(術法はわかりませんが、傷痕はW型でした)すぐにでも修正したいのですが、術後何日から修正手術を行えますか? 二・ダウンタイムの関係で、片目ずつ修正したいのですが、その場合の費用はいくらかかりますか?(麻酔代なども含め) 三・片目につき1mmだけ戻したいのですが、このような細かい注文にも対応していただけますでしょうか?

(hiro)さんへのお返事です

Wの傷跡でしたら内田法で、皮膚を切除してありますので、手術でもどすのは困難です。手術前の写真や術前の目と目の間隔も教えてほしいです。今は腫れもありますし、経過をみることで30mmがご希望の32mmくらいにはなるかもしれませんので、3~6ヶ月は待って見るのがよさそうです。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 全切開と目頭切開の修正

(あ)さんのご相談

こんにちは(>_<)いくつかの質問があります。 全切開と目頭切開をして4カ月ほど経ちます。 全切開の方は、食い込みが強く切開線より下がぷっくりしてます。 左目は、切開線より下の方で食い込んでいます。これは何が原因なのでしょうか? そして幅広を幅狭にしたいです。 実際のところ、修正しても幅広が幅狭に改善できた人の方が少ないのでしょうか? もう一つは、目頭切開です。 鋭く尖ったような形で寄り目になりひきつれもあり、きつい印象になってしまいました。この修正は、蒙古襞形成になるのでしょうか? 2つの修正をしたい場合どちらを先にやっても大丈夫でしょうか? たくさん質問すみません ご回答よろしくお願いします。

(あ)さんへのお返事です

窪んでいる所は、皮下組織を切除して癒着しているわけです。ぷっくりは、その上側が窪んでいるためでしょう。二重幅を狭くするには、皮膚に余裕があることが第一の条件になり、奥に眼窩脂肪がなければ他の部位からの脂肪移植が必要になります。これらのことから、二重幅を狭くする程度が制限されます。目頭の修正は、拝見したうえで検討します。手術の順番もあわせて相談させていただきます。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 下まぶたの逆まつげと、埋没と目頭切開

(M)さんのご相談

下まぶたの大半が逆まつげです。 目頭から目尻手前までの下まつげが眼球に向かって生えている状態です。 眼科で診察を受けましたが、手術を受けると傷口が「あっかんべー」をしたような状態になるので、若い方にはお勧めできないと言われ、ずっと諦めていました。 こちらのHPを拝見すると傷痕はわからないくらいになると記載されていたので質問してみました。 逆まつげが多い場合でも、傷痕は目立ちにくいものなのでしょうか? 目頭付近のまつげも中に入り込んでいるので、目頭切開をすれば治るかも知れないと考えています。 他にも、瞼が少し下がってきたので、二重の埋没もしたいです。 全ての手術を同時にする事は可能でしょうか? あと、術後はコンタクトレンズが出来ないようですが、 視力が悪いため、眼鏡になります。 手術後、眼鏡だと糸が見えてしまいますか? 何か目立たないようにテープなどを貼って、処置して頂けるのでしょうか? 質問が多いですが、宜しくお願いします。

(M)さんへのお返事です

逆睫毛の程度にもよるのですが、綺麗な傷跡で目立たない手術をするが、程度の強い部分の改善が不十分なこともありうると考えては如何でしょう?目頭側については、仰るように蒙古襞の切開(目頭切開)が有効なことはあります。これも傷跡の目立たない方法をします。年齢が分かりませんが、瞼が下がるというのがタルミによるものだと、埋没法では無理なこともあります。全てを同時にすることも十分可能です。術後の腫れもあり、装用感を損なうかも知れませんが、ソフトレンズなら使えます。縫合糸は顕微鏡手術用の睫毛より細い黒糸です。本当に睫毛の際の縫合になり、テープは貼れません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目頭切開及び二重瞼切開法

(ルナ)さんのご相談

丁寧なお返事、ありがとうございました。 もう一つお聞きしたいのですが、私に自然に似合う二重の幅や形、デザインをすべて決めていただくようにお願いした場合、(特に要望がなく丸投げした場合)、どのような二重をお考えになりますでしょうか。 二重の形、幅などできるだけ詳しく教えて頂けますでしょうか。

(ルナ)さんへのお返事です

文章でどれだけ詳しく説明しても、鏡を見てもらいながらのシミュレーションには及びません。また、貴女のお顔を今正確に思い起こすのはなかなか難しく、あくまでもカルテに記録された要点のみからのお返事になります。メイクしなくても自然で綺麗な出来上がりを希望されましたので、綺麗な目の輪郭を作るための目頭切開と目頭から目尻まで睫毛が隠れずに広すぎない二重幅の見える状態が望ましいと思います。お迷いでしたら、ご足労ではありますが予約の上で受診いただき、鏡を見ながらシミュレーションで相談しましょう。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目頭切開について

(あおい)さんのご相談

目頭切開をしたいと思っているんですが、周りにしたことのある人がおらず少し不安になっています。カリスクリニックさんでは目頭切開をされる方は多いですか?二重手術に比べて聞くことが少ないので、難しいとか痛いとかあまり分からなくて、、。ご回答よろしくお願いします。

(あおい)さんへのお返事です

二重手術の数に比べると、目頭切開の件数は少ないです。目頭切開の方法にもいくつかの種類がありますが、目的は目と目の間を狭くするのと目頭側の二重幅を広くするとか平行二重にすることがあります。そして残る傷跡が目立たないことも大切なことになります。傷跡が目立たなくて、結果としての目の形が希望にそったものになることが大切です。痛みや腫れについては、あまり心配はいりません。傷跡が隠れにくい場所ですし、皮膚が薄いので切開と縫合を正確に行うために、私は手術用顕微鏡を使っています。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目頭切開

(はる)さんのご相談

目頭切開の術式は希望すれば内田法でしていただけますか? ハーフのような華やかな感じになりたのですが。。

(はる)さんへのお返事です

以前は主に内田法で目頭切開をしていましたが、今はZ形成とリドレープ法で目頭切開をしています。診察では、希望に対しての治療方針としてそれぞれの特徴を踏まえた説明をして、結果としての目の形態と傷跡から最も適当なデザインを説明します。それが内田法であれば、勿論行います。しっかりと蒙古襞を取るなら、内田法でなくてもリドレープ法の適応になるでしょうし、目頭側の二重幅を広くするならZ形成が適応になりそうです。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目頭切開 後戻りの可能性は?

(ちゅん)さんのご相談

目頭切開を出来るだけ傷跡が残らない、リドレープ法でやりたいと考えています。そちらは実績もあり、ぜひお願いしたいのですが リドレープ法はZやW法に比べて後戻りしやすいと聞きました。後戻りする可能性はどれくらいあるのでしょうか?あと三年前に埋没法で末広型の二重にしているのですが目頭切開でラインが消えたり崩れてしまうことはありませんか?

(ちゅん)さんへのお返事です

後戻りというのはどのような状況で起こるかを考えると、柔らかく伸びる皮膚同士を縫合した場合、皮下の眼輪筋の処理が不十分な場合などが考えられます。 リドレープ法は、6年くらい前に論文発表されましたが、その後多くの医師に取り入れられていますが、上手に手術している先生もあれば、下手としか言いようのない(失礼!)先生も居られ、本来の傷跡が少なく分かりにくいという特徴が失われている場合もあるようです。この方法の原法では、蒙古襞を切り取ったあとの縫合部位の片方はほとんど延びない目頭の奥なので、基本的には戻りはないはずなのです。 本来は腫れの少ない手術ですから、埋没法の二重にはほとんど影響しないはずですが、すべての事象に言えることではありますが、100%ないと断言することはむつかしいのかもしれません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

先頭へ

最後へ

お急ぎの方は0120-7867-48

直接お電話(フリーダイヤル)でもご相談ください。

何でもご相談ください!
一つ一つに院長がお答えします

WEB相談はこちら