大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分9:30~19:00

WEB相談室

お悩みごとをお気軽にご相談ください
WEB相談室 WEB相談室

これまでの相談内容から探す

ご相談一覧

【その他】での記事 73件中 1〜10件表示

Q. 昔のさかまつげ手術の件

  • Rebootさんのご相談
  • 2019/12/05
Rebootさんのご相談

はじめまして。今回20年前に手術したさかまつげ手術の件でご相談させて頂きたく思います。よろしくお願いします。20年前にさかまつげ手術をした際に瞼3点を糸で留める術法で、その糸は時間と共に溶けて無くなるという説明でした。しかし目を閉じると残っている状態で、特に左目尻部分の糸だけが大きく痼のようになっています。たまに痒みも伴い腫れたりもします。これが原因かは分からないのですが、数年前から左目の痙攣も起こり今では常に痙攣している状態です。この場合のしこり除去の手術は可能でしょうか。また費用等教えていただけると助かります。お忙しいとは思いますがどうぞよろしくお願い致します。

Rebootさんへのお返事です

上のまぶたでしょうか?下のまぶたでしょうか?「目を閉じると残っている状態」ということは、上まぶたの二重埋没法のような手術だったのですか?シコリを除去するには覆う皮膚を切開する必要があります。痙攣との関係は分かりません。美容目的の手術ではありませんし、費用を設定していません。拝見したうえでお見積もりすることになります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. PRP施術後の膨らみ除去について

  • りんりんまるさんのご相談
  • 2019/12/04
りんりんまるさんのご相談

初めまして。よろしくお願いします。わたしは約8年ほど前PRP施術を受けました。その後目の下(頬寄り)が膨らみ、病院にて診察していただきましたが目の脂肪だろうとかヒアルロン酸による膨らみだとかでヒアルロン酸溶解注射など打ちましたが改善はしませんでした。このふくらみを何とかしたいとずっと悩んでおります。どうかよろしくお願いします。

りんりんまるさんへのお返事です

PRP に FGF という成長因子を入れすぎるとシコリを作ることになります。ケロイドの治療をする時に使用するケナコルトという注射をシコリに注射することで、縮小や軟化を期待できます。シコリに注射する必要があり、外れると効果は現れません。それ以外では手術的にシコリを切除するしかありません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眉丘筋切除について

  • さおりさんのご相談
  • 2019/11/14
さおりさんのご相談

ご相談です。お世話になります。眉毛の位置をかなり下にメイクで作ってますので、眉丘筋がかなり目立ちコンプレックスで思いっきり笑えません。かなり不自然なので手術でなんとかならないでしょうか?また傷痕は縫合技術でかなり違うそうですが、カラスクリニック様の術数は多いのでしょうか?御多忙の中、お手数ですが御返答頂けますようお願い致します。

さおりさんへのお返事です

眉丘筋というのを始めてお聞きしました。不勉強のためかと思い、友人医師たちに尋ねてみましたが誰も知らないようです。当然、お尋ねのような手術もしていません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 鼻の修正 眉下切開

カバ子さんのご相談

3月に鼻に軟骨を入れる手術をしました。が、ほぼ気に入りません。修正は可能でしょうか?
状態は、鼻の穴を見えにくくするのと、鼻先の高さを出す手術でした。結果、小鼻が広がり、高さも出ていなく、鼻の穴は片方が形が、変です。修正になると、金額も高くなりますか?
眉下切開をしたいのですが、目頭側はできませんか?目頭側をスッキリさせたいのですが…。

カバ子さんへのお返事です

どちらも拝見したうえでの、治療方針の検討になりますし治療費用も変わります。
原則的には目頭側では効果を出せませんが、学会での発表は見たことがあります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. ピアスケロイド

  • まーゆさんのご相談
  • 2019/10/21
まーゆさんのご相談

ケロイド注射治療2~3年くらい月1で治療していて気にならなかったくらいになってたのですが、最近ちょっと気になり手術を考えているのですが治療費はいくらくらいですか?できれば、ケロイドの下に開いてる穴は残したいです!

まーゆさんへのお返事です

実際に拝見してお話を伺ってみないと、手術の方針を決められませんし費用もお伝えできません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 肋軟骨採取

  • ダイさんのご相談
  • 2019/10/18
ダイさんのご相談

肋軟骨採取をするには全身麻酔でないと不可能というクリニックが多い一方、静脈麻酔でも可能というクリニックもあります。全身麻酔でないとダメな理由、静脈麻酔だと何が危険なのかの理由を教えてください。

ダイさんへのお返事です

危険とかダメというより、痛みのコントロールができるかどうかということではないでしょうか?

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. わきが治療について

  • あっちゃんさんのご相談
  • 2019/10/12
あっちゃんさんのご相談

以前そちらで他院の二重の切開法の修正をお願いしたことがあります。綺麗に仕上げて頂きありがとうございました。
今回はワキガについてのご相談です。人から指摘されるようなひどいワキガではないものの、至近距離だと匂う程度のワキガでした。耳垢は湿っており、洋服の脇部分は黄ばむ事があったり、親戚に重度のワキガの者がおりますので、思い込みではないと思います。ずっと悩んでおり、20年程前に美容外科に相談に行ったのですが、重度でもなく、手術も怖かった事から、手術以外にも針脱毛で軽減するかもしれないとの説明を受け、結局脇の針脱毛だけを行いました。(今は完全に毛はない状態です)確かに以前より臭いは軽減したように思うのですが、やはり完治はしていないようです。真夏の汗をダラダラかく時期はさほど臭いは気にならないのですが、春・秋・冬の汗をかきにくい時期で、湿気が多かったり、暖房がききすぎていたりでうっすら脇が湿っている時に臭うのです。洋服を着た上から顔を脇に近づけて臭いをかぐと、軽くワキガの臭いがする程度なので、よほど近づかないと人から気づかれるレベルではないのですが、気になってしまいます。
切らないワキガ治療もあるようですが、確実性を求めたいので今回手術を検討しているのですが、先生のクリニックで行われておられる・掻爬・吸引法・剪除法というのはそれぞれどんな手術で、どんなメリット・デメリットがありますか?
また、保険適用可能となっていますが、針脱毛で以前より症状が軽減しており、臭いがある時というのも常にではない為、診察の際、臭いがほとんどしない可能性もあります。こういう場合でも保険適用は可能でしょうか?

あっちゃんさんへのお返事です

腋のアポクリン腺由来の汗が原因で臭いが気になるのが「ワキガ」です。体臭を構成する要因のひとつですが、日本人は特別神経質なようです。腋のアポクリン腺が存在しないことはないのですが、臭いの程度には個人差があり遺伝性もあるようです。手術治療では皮膚を切開し、裏側からアポクリン腺を切除する方法が保険適応になっています。ソウハ・センジョ法は目立たない傷跡でアポクリン腺を切除する方法です。しかし全てのアポクリン腺を除去するには、皮膚を切除するか「稲葉法」という皮膚を削り取る方法が必要で、臭いは無くなったが傷跡が悩みとなる可能性の高いでしょう。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 目頭が逆まつげで生えてくると痒くて痛い

○根○さんのご相談

上瞼と下瞼の目頭に逆まつげが数本生えてきます。自分でピンセットで抜いているのですが、生えてくると痒いです。下瞼は真ん中部分もたまに数本眼球に当たる事があります。美容整形外科で今年の初めに埋没をしたのですが、逆まつげの手術はできますか?

○根○さんへのお返事です

睫毛を全体的に前へ倒すように手術しますが、睫毛の生えかたによってはやはり眼球へ当たることがあります。上まぶたは二重切開法になります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 稗粒腫を無くしたい

  • しゅんさんのご相談
  • 2019/09/10
しゅんさんのご相談

稗粒腫が小さいのから大きいのまで顔に8~10個近くあるのですが、どの様な治療法になりますか??また、皮の薄い瞼にもあるのですが、治療は可能ですか??あと、8~10個取り除くのに料金はいくらぐらいしますか??

しゅんさんへのお返事です

注射針で小さく開けて中の白い塊を取り出します。まぶたのものも取れます。ひとつ¥1,000くらいで考えて下さい。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 鼻の整形と矯正について

ぽんさんのご相談

矯正中ですが、鼻の整形(プロテーゼ以外の鼻尖部や小鼻縮小、耳介軟骨移植などの鼻先を扱う手術)は行なっても問題はありませんか?また、行なって良い場合でも、注意点があれば、教えていただきたいです。
(歯科診察の際に口を大きく開けすぎない、ダウンタイム何日の間は歯科診察を避けるなど)

ぽんさんへのお返事です

手術をする鼻や耳に外力を加えない必要があります。特に1ヶ月以内は、注意が必要でしょう。1ヶ月以降は口を大きく開けるなどは問題ありません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

最後へ

お急ぎの方は0120-7867-48

直接お電話(フリーダイヤル)でもご相談ください。

何でもご相談ください!
一つ一つに院長がお答えします

WEB相談はこちら