大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科

0120-7867-48

JR大阪駅・西梅田駅 徒歩3分10:00~18:00

WEB相談室

お悩みごとをお気軽にご相談ください
WEB相談室 WEB相談室

これまでの相談内容から探す

ご相談一覧

【その他】での記事 130件中 21〜30件表示

Q. 毛孔性苔癬について

ななさんのご相談

毛孔性苔癬が気になっているのですが、効果的な治療はございますでしょうか?

ななさんへのお返事です

塗り薬、ピーリング、レーザー治療などが報告はされていますが、なかなか期待するようには改善できないのが実情のように思います。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 下まつげの逆さまつげを治したい

あいさんのご相談

下まつげの切開のときの局所麻酔以外の麻酔もできますか?笑気麻酔や静脈麻酔

あいさんへのお返事です

カリスクリニックでは笑気麻酔はしていません。保険適応では局所麻酔だけ行っています。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 腰回りの広範囲に渡るアザについて

○田さんのご相談

お世話になります。○田と申します。アザのレーザー治療を検討しております。患部は腰回りのみです。ただし、腰回り一周広範囲にあります。生まれつきのものです。アザの状態は、茶色のアザで、小さいものから0.5mm~5cmくらいのものが、まだらに分布しています。やや麒麟のような見た目です。小さい頃はほとんど気にしていませんでしたが、大人になるにつれ何かの病気かと気になってきました。今までお医者さんにかかったことはありません。そこで、1.このアザはどういったものなのか2.治療するならば、概算はどのくらいになるか教えて頂けましたら幸いです。お忙しいところ恐れ入ります。宜しくお願い致します。

○田さんへのお返事です

文面だけでは診断が困難です。例えば扁平母斑と呼ばれるものであれば、盛り上がりのない薄茶色のアザで、レーザー治療には反応しますが、再発率が高くなります。保険適応になるかもしれません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. アートメイクについて

  • ○ム○さんのご相談
  • 2021/04/27
○ム○さんのご相談

糖尿病患者がアートメイクを行なうと感染症が起こり得るとのことで、多数のクリニックなどが断っているようです。
これはHbA1cの数値や施術前の血糖値に関係なく危険なのでしょうか?
アメリカでは糖尿病患者がタトゥーを入れてるのが散見してますがこれらも危険なのでしょうか?

○ム○さんへのお返事です

インシュリンを使っている患者さんなどは、止めたほうがよさそうです。経口薬でコントロールできているなら、深く色素を置く方法ではなく浅く置く方法が良いようです。糖尿病の担当医の意見を伺ってみて下さい。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 眉下切開+ROOF切除

クマさんのご相談

先生よろしくお願いします。眉下切開+ROOF除去についての質問です。眉下切開を行う際にROOFを切除してしまうと、将来凹んでたるんでくるから取らないほうがいいといっている先生たちがいるみたいなんですが、出口先生はどう思われますか?
私は先日大手クリニックで眉下切開+ROOF除去を提案されたのでそれを受けてきたのですが、当日から凹んでるようなまぶたになりました。今はダウンタイム中でまぶたがかなり腫れ上がってる最中です。相撲取りみたいな顔になっています。ROOFを切除した影響かなと心配です。担当医はROOFを取れるだけ取ったと話していました。ネットで見る量より確かに多く取っていたように思います。仮に凹んできた場合、もう対処できないのでしょうか。質問長いですが何卒よろしくお願いします。失礼いたします。

クマさんへのお返事です

ROOFは眼輪筋と眼窩隔膜の間に存在する組織です。このような組織を切除する場合には、効果よりも結果として起こる癒着などの副作用や後遺症に最大の注意を払うべきだと思います。ROOFの厚いひとは、眼輪筋や皮下脂肪あるいは皮膚も厚い傾向があるようです。手技的には眼輪筋と眼窩隔膜を傷つけないように間の組織を丁寧に切除しますので、範囲は変わりますが結果的にこれくらいの厚みだったということになります。組織切除後に窪んでしまったら脂肪注入などで治療することになるでしょうね。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 扁平母斑について

たまさんのご相談

初めまして。
顔に生まれつき扁平母斑と思われる大きめの茶アザがあります。
扁平母斑は再発率が高い、レーザーの痛みなども心配で今までは治療を諦めてきました。
マスク必須の今、少しでも良くなるなら綺麗にしたいと思い、クリニックなどを沢山調べています。
扁平母斑の治療についてレーザーの痛みや料金など教えて頂けたら幸いです。
また何回も間隔をあけてレーザーをする事で再発リスクが下げられると聞きましたが本当でしょうか。宜しくお願い致します。

たまさんへのお返事です

ご指摘の通り、扁平母斑は再発が多いものです。綺麗に取れたと思っていたら、1ヶ月くらいから毛孔から広がり元の状態に戻るパターンをよく経験します。繰り返し治療が有効かもしれません。Qスイッチルビーレーザーによる治療では、2回までは保険を使えます。冷やしながら、麻酔クリーム、ペンレステープなどを利用すれば、痛みが多少軽くなります。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 顎プロテーゼ

ダイさんのご相談

ある論文に以下の記述がありました。

「シリコンを用いたオトガイ形成術では,インプラントの硬度が幅広く整形や除去が容易ある半面,インプラントが骨と結合せずに線維性組織によって生体内に保持されるため,術後の骨吸収や感染などのリスクが高いと報告されている。それに対しハイドロキシアパタイトを用いたオトガイ形成術では,インプラントが骨と結合でき術後の骨と軟組織の変化量が少ないものの,インプラントの整形や除去が困難で,材 料が高価であるといわれている。骨切りによるオ トガイ形成術は,オトガイ部の形態が保存可能で術後の軟組織の形態を予測しやすい、術後pogonion部での骨吸収のリスクが高いと報告されている。
術後の骨吸収の頻度はシリコーンを用いたオトガイ形成術では40%台から80%台、骨切りによるオトガイ形成術では90%から100%と報告されておりいずれも高頻度であった。
一方,ハイドロキシアパタイトを用いたオトガイ形成術後の骨吸収の発生率は0%か10%台と低頻度であると報告されている。」

これが本当だとしたら、顎のシリコンプロテーゼは大問題な手術だと思われます。
質問です。
1. 骨切りよるオトガイ形成でも、pogonion部での骨吸収のリスクがあると記述がありますが、pogonion部とはどこですか?骨切りでも骨吸収はあるのですか?
2. そうなると、アパタイトが一番安全な気がします。骨吸収にリスクは低いです。ただし感染のリスクがあります。そのあたりいかがでしょうか?
3. シリコンプロテーゼによる顎形成は危険という認識でよろしいでしょうか?

ダイさんへのお返事です

ここに引用されたのは医学論文ではありません。医学論文では、論文内容に精通した医師が査読を行い、適切でない部分を指摘して修正させたりした上で、採用か不採用かを決めます。あなたが引用された文章は落書きのような無責任なもので、信頼性が全くありません。
1.一般的にオトガイ部の骨切りは筋肉および血管の繋がりを温存したものなので、骨吸収はほとんどありません。血管などを切り離して「遊離」した骨を置くような移植では概ね全て吸収されます。
2.アパタイトは人工骨の資材として利用されますが、これとて他の方法を全否定できるようなものではないと思います。
3.間違っています。シリコンプロテーゼをオトガイ先端部の骨皮質の厚い部分に置けば骨吸収は最小にできますが、問題となるのは口中切開から挿入した場合には歯牙方向へずれて骨皮質の薄い部分に位置するため骨吸収が起こりますので、これは単なる手術手技の稚拙さが引き起こすものです。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 脂肪注入について

小○○さんのご相談

今まで顔に脂肪注入を5回しました、産後2ヶ月目で再度脂肪注入を考えています。その場合断乳はどれくらい必要ですか?この間はミルクで育児をします。もし脂肪注入が授乳中できないのであればprpを受けようと思います。prpには麻酔使いますか?prpを受けた後何ヵ月あければ同部位に脂肪注入できますか?

小○○さんへのお返事です

局所麻酔薬と抗生物質内服の影響でしょうか?内服は必ずしも必要でなく、局所麻酔は24時間もあれば代謝されると思います。予めの搾乳を冷蔵保存してミルクと併用されては如何でしょうか?PRPも麻酔があった方が良いかもしれません。脂肪注入を後日することは問題ありません。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 鼻

ゆ○さんのご相談

鼻のモニターはしていますか?

ゆ○さんへのお返事です

鼻のモニターは募集しておりません。他院手術後の修正を含む二重切開法については、引き続きモニターを募集しています。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

Q. 逆さまつげを治したい

さーやさんのご相談

逆さまつげの治療が出来るのを見て、してみたいと思ったのですが、一応まだ未成年です。親が関わることありますかね

さーやさんへのお返事です

未成年の方では、保護者の了解が必要です。承諾書を記入捺印してもらいます。

院長 出口 正巳

院長出口正巳

先頭へ

最後へ

お急ぎの方は0120-7867-48

直接お電話(フリーダイヤル)でもご相談ください。

何でもご相談ください!
一つ一つに院長がお答えします

WEB相談はこちら